片頭痛の注射薬の医療費の助成制度のお話|千葉市若葉区千城台の内科・外科・脳神経外科・漢方内科(保険診療)のらいむらクリニック

内科・外科・脳神経外科・漢方内科(保険診療)らいむらクリニック

043-312-5620 受付)8:00~12:00 15:00~19:00

〒264-0004 千葉市若葉区千城台西2丁目1−3
千葉都市モノレール千城台駅改札よりすぐ

  • 診療時間
  • アクセス
  • 問診票ダウンロード
  • 求人情報

第97回(2022/10/14)

片頭痛の注射薬の医療費の助成制度のお話

和歌山県立医科大学附属病院

皆様、こんにちは9月末から10月にかけてはなんと26年ぶりに母校和歌山県立医科大学の漢方の講義に行ってまいりました。


來村先生の頭痛診療セミナー

その際に脳神経外科の中尾教授の座長で頭痛に対する漢方治療の講演もすることができました。僕の学生さんの講義には同級生の脳外科の准教授や前の鹿島労災病院の和漢診療センター長で、現在は和歌山で開業されている山本眼科の山本先生も来てくださりとても嬉しかったです。

その後は第81回脳神経外科学会学術総会のランチョンセミナーで頭痛と漢方の講演をして、その日に横浜の友人のたま耳鼻咽喉科の及川先生に食事に連れて行っていただきました。10月の8日には品川で行われた第30回日本脳神経外科漢方医学会で座長をしてきました。

森田先生、川俣先生

その間に国際東洋医学シンポジウムで発表した頭痛の漢方の効果を英文誌に論文も書きました。

湘南

そしてトライアスロンの練習も時間がない中、なんとかやっております。

稲毛海岸

このコラムを書いている今から2日後にいよいよ初参戦です。また経過を報告しますね。

今回、皆さんにお伝えしたいのは片頭痛の予防薬である注射薬の費用のお話です。この注射はとても良く効いて、副作用も少ないため、本当におすすめなのですが、一番の問題は値段が高いことです。注射薬は1本4万4千円から4万5千円です。

保険が効きますので、その3割負担だと大体クリニックでの支払いが注射代だけで1万5千円の支払いになります。それでも効果が高いため、注射を月に一度続けてくれている患者さんも多くいます。

ただ、医療費には様々な助成制度があります。一つ目は医療費控除です。これは一年間の家族の医療費の合計が10万円を超えたら確定申告の際に税金が控除されます。1万5千円の12回で10万円は超えますので、クリニックの領収書を置いておいて確定申告してください。

二つ目は付加給付です。会社にお勤めの方で健康保険組合や共済組合によっては独自の給付制度がある場合があります。会社によって異なるのですが、例えば医療費が2万円を超えた分は後で戻ってくる制度です。(クリニックでは患者さんがご自身が一旦立て替えて払います)これだと医療費が1万5千円だと戻ってこないじゃないか?と思う人もいると思います。ところがこの注射は自己注射やクリニックでも3ヶ月分処方したり注射したりすることができます。つまり4万5千円ですね。このうち2万5千円は後で会社から戻してくれるという制度です。これも会社に付加給付ありますか?と問い合わせれば教えてくれます。

3つ目は高額療養費制度です。1ヶ月に支払った医療費の窓口負担額が一定額を超えた場合に、その超えた金額を加入している健康保険から支給される制度です。この額は年齢や所得によって異なっていますので、この負担額の上限についてはご加入されている健康保険に問い合わせればわかります。

また千葉市には独自の支援制度もあり、ひとり親家庭などでは医療費が補助されます。このように様々な医療費の助成制度がありますので、注射はしたいけど値段が高いのがちょっとねと悩んでおられる方がいれば、当院では資料も準備しておりますので、いつでもご遠慮なくご相談ください。片頭痛から解放されハッピーな人生を送りましょう。またそのお手伝いを当院でさせていただければ幸いです。

最後に遅くなりましたが、今月のYouTubeの放送予定を貼っておきますね。

10月の放送予定

過去の院長コラム
2022年を振り返って
頭痛学会で発表してきました
トライアスロンのお話
片頭痛の注射薬の医療費の助成制度のお話
色々なことの途中経過のお話
すごいものに申し込んでしまいました
七夕のお話パート2
梅雨の不調のお話
新しい片頭痛薬の続報
この世界の未来を考えよう!
stnad.fmのコラボ特集です
またまた新しい片頭痛のお薬が発売!!
今年の抱負
2021年を振り返って
志を立てました
今、頭痛診療が熱い!!
出来ない事は考えない、出来る事をいつも考えている!!
日本のメダリスト!!
聖火リレーのお話
暗黒の時代から希望の時代へ
マルナゲドン
エイプリルフールとエイプリルドリームのお話
らいむらクリニックの社会貢献活動10のミッション
戦国時代にスマホがあったら?
2021年、新年あけましておめでとうございます
今年1年を振り返って
天気痛のお話
コロナ禍での健康維持のお話
これからのクリニックについて
コロナウイルス対策について(その2)
当院のミッションとビジョン、バリューのお話
熱中症のお話
笑いの効用
新型コロナウイルスについて
お正月からどきどきした話
年末のご報告と新年のご挨拶
未来の脳神経外科医のお話
大雨のお話
台風で思った事
久留米と広島に行ってきました
日本東洋医学会学術総会に行ってきました
浜松に行ってきました。パート2
姫路に行ってきました
旭川に行ってから東京で勉強してきました
出陣してきました
ついに分かりました
馬力をつけてきました
あけましておめでとうございます
うどん県にいってきました
岡崎に行ってきました
福井に行ってきました
岡山大学に行ってきました
浜松に行ってきました
体調管理にご注意を!!
秩父に行ってきました
最近知った衝撃の論文のお話
三重に行ってきました
花粉症の話 パート2
インフルエンザのお話
戌年のお話
発表してきました。
車のお話
信州に行ってきました。
うさぎさんのお話
らいむらクリニックと茶道
花戦さ
行ってきました!!
私の趣味のお話パート2
突然壊れるととても困る物のお話
青森に行ってきました!!
桜咲く!!
酉年の話
風邪を治せば一人前!!
寒いのに暑い?
秋深き隣は何をする人ぞ
片頭痛患者さんの予知能力のお話
秘密の熱中症・夏ばて対策のお話
七夕のお話
らいむらクリニックの忘れ物のお話
柏餅のお話
千葉にきて驚いたこと
花粉症の話
オニの話
お正月から悪口の話
豚が走る病気の話
鍋料理のお話
ハロウィンとカボチャのお話
菊の節句のお話
お盆のお話
梅干しの話
らいむらクリニックの神様の話
端午の節句はもともとは女の子の節句?
私の趣味のお話
桃のお話
冬来たりなば春遠からじ
宮中行事で邪鬼祓い!!
らいむらクリニック、開院
クリニックの内装について
らいむらクリニックのロゴマークについて