姫路に行ってきました|千葉市若葉区千城台の内科・外科・脳神経外科・漢方内科(保険診療)のらいむらクリニック

内科・外科・脳神経外科・漢方内科(保険診療)らいむらクリニック

043-312-5620 受付)8:00~12:00 15:00~19:00

〒264-0004 千葉市若葉区千城台西2丁目1−3
千葉都市モノレール千城台駅改札よりすぐ

  • 診療時間
  • アクセス
  • 問診票ダウンロード
  • 求人情報

第57回(2019/06/06)

姫路に行ってきました

5月の土、日に姫路に行ってきました。東京から新幹線のぞみで約3時間で姫路です。

お城祭り

この日、姫路はお城祭りの日で駅前は大勢の人で賑わっていました。
姫路駅を降りると国宝姫路城が見えます。国宝の姫路城は平成5年に奈良の法隆寺とともに、日本初の世界文化遺産となった白漆喰総塗5層7階建てのすごいお城です。

また現在、私達が目にしている姫路城の大天守は慶長14年(1609年)に建築されたもので、平成21年(2009)から漆喰壁の塗り直しや屋根瓦の葺き直しなどの大天守保存修理工事が行われ、400年以上が経過した現在でもその美しい姿を残しています。まるで翼を広げた白鷺のようにみえることから別名白鷺城とも呼ばれます。この美しい姿をみれるのは日本の伝統を大切し、修復やメンテナンスをする職人さん達の努力のたまものですが、それにしてもすごいですよね。

また姫路城は豊臣秀吉を天下人にしたといわれる軍師黒田官兵衛が生まれた城としても有名です。また城内にはとても有名な井戸があります。そうです。播州皿屋敷に出てくるお菊さんが皿を「1枚、2枚...」と数えるお菊井戸です。この話は姫路城乗っ取りのクーデターを防ぐために女中として送り込まれたお菊さんがその事に気付かれ殺されてしまうという物語なのですが、その後クーデターを計画した一味は滅ぼされ、今ではお菊さんはお菊大明神としてお菊神社に祭られています。

千寿

姫路では漢方の基本的な考え方や頭痛の漢方治療の話をしてきました。
そしてその夜は和風レストランステーキ千寿さんで国産黒毛和牛を頂いてきました。

和牛

兵庫県産の黒毛和牛は但馬牛として古くは平安時代初期に編纂された勅撰史書である続日本記にも「耕運、輓運、食用に適す」と書かれているくらい古くから有名で人気のある牛です。

日本の国産牛の美味しさは最近では輸出が禁止されている和牛の受精卵が中国に持ち出されるという事件まで起こったくらいです。

千年杉

姫路にはハリウッド映画「ラストサムライ」のロケ地として使用された書寫山圓教寺(しょしゃざんえんぎょうじ)という古刹があります。お土産には、この圓教寺ゆかりの書写千年杉を購入しました。
これはラストサムライのロケ時に主演のトムクルーズがあまりの美味しさに大人買いして帰ったというエピソードのある和風バームクーヘンです。

姫路には他にも姫路城を借景にした日本庭園の好古園、世界各国の遺産を体感できるテーマパークの太陽公園などもあります。ぜひ、皆様もいちど姫路を訪れてみて下さい。
最後にお休みの日に講演にご参加頂いた先生方、また講演の準備をしてくれた現地のスタッフに感謝申し上げます。

過去の院長コラム
久留米と広島に行ってきました
日本東洋医学会学術総会に行ってきました
浜松に行ってきました。パート2
姫路に行ってきました
旭川に行ってから東京で勉強してきました
出陣してきました
ついに分かりました
馬力をつけてきました
あけましておめでとうございます
うどん県にいってきました
岡崎に行ってきました
福井に行ってきました
岡山大学に行ってきました
浜松に行ってきました
体調管理にご注意を!!
秩父に行ってきました
最近知った衝撃の論文のお話
三重に行ってきました
花粉症の話 パート2
インフルエンザのお話
戌年のお話
発表してきました。
車のお話
信州に行ってきました。
うさぎさんのお話
らいむらクリニックと茶道
花戦さ
行ってきました!!
私の趣味のお話パート2
突然壊れるととても困る物のお話
青森に行ってきました!!
桜咲く!!
酉年の話
風邪を治せば一人前!!
寒いのに暑い?
秋深き隣は何をする人ぞ
片頭痛患者さんの予知能力のお話
秘密の熱中症・夏ばて対策のお話
七夕のお話
らいむらクリニックの忘れ物のお話
柏餅のお話
千葉にきて驚いたこと
花粉症の話
オニの話
お正月から悪口の話
豚が走る病気の話
鍋料理のお話
ハロウィンとカボチャのお話
菊の節句のお話
お盆のお話
梅干しの話
らいむらクリニックの神様の話
端午の節句はもともとは女の子の節句?
私の趣味のお話
桃のお話
冬来たりなば春遠からじ
宮中行事で邪鬼祓い!!
らいむらクリニック、開院
クリニックの内装について
らいむらクリニックのロゴマークについて