らいむらクリニックの忘れ物のお話|千葉市若葉区千城台の内科・外科・脳神経外科・漢方内科(保険診療)のらいむらクリニック

内科・外科・脳神経外科・漢方内科(保険診療)らいむらクリニック

043-312-5620 受付)8:00~12:00 15:00~19:00

〒264-0004 千葉市若葉区千城台西2丁目1−3
千葉都市モノレール千城台駅改札よりすぐ

  • 診療時間
  • アクセス
  • 問診票ダウンロード
  • 求人情報

第21回(2016/06/08)

らいむらクリニックの忘れ物のお話

6月に入り、いよいよ梅雨がやってきます。私はどしゃ降りは困りますが、雨の日も好きです。
何となく雨音を聞きながら静かにお茶室でお茶を飲んだり、本を読んだりすると心が落ち着く気がします。

らいむらクリニックの忘れ物のお話

雨の日の必需品には傘と長靴です。
長靴を履くと水たまりもどんどん入れて、何となくパワーアップした気持ちになります。
皆さんはどのような傘を使っていますか?私は2本使っていてひとつは少し変わった細長い5角形の形をしたどんな強い風にも負けない黒い折りたたみ傘ともう一つは大きな24本骨のライトグレーの和傘です。

今はとても素敵な傘がたくさんあります。
例えば雨がふって傘の生地に雨がかかると桜の花びらの模様が浮き出てくるような素敵な傘もありますよ。
この素敵な傘を買った時の店員さんの言葉がとてもおしゃれで「雨の日はお花見を楽しんで下さいね」でした。
雨が降って少しうっとおしい気分になりそうなときには、素敵な傘をさしてお花見で気分もうきうきです。

ところでこの季節雨がずっと降っていればそうでもないと思うのですが、降ったり止んだりするとクリニックにはとても傘の忘れ物が多くなります。
もちろん忘れ物は当院でお預かりしていますが、なかには取りにこられない患者さんもいてだんだんとクリニックに忘れ物の傘が増えてきてしまいます。
ぜひ、皆様も素敵な傘を買って、忘れてもすぐさま取りにきてくださいね。よろしく御願いします。

らいむらクリニックの忘れ物のお話

この梅雨時期はめまいや頭痛の患者さんにとっては症状が悪化しやすいつらい季節でもあります。
そんな天気の影響で体調が悪いときに体調を整えるおすすめの漢方薬があります。
代表的な方剤は五苓散という水分代謝を整える漢方薬です。
ぜひ、漢方薬をうまく利用してこの梅雨時期を乗り切ってください。

過去の院長コラム
台風で思った事
久留米と広島に行ってきました
日本東洋医学会学術総会に行ってきました
浜松に行ってきました。パート2
姫路に行ってきました
旭川に行ってから東京で勉強してきました
出陣してきました
ついに分かりました
馬力をつけてきました
あけましておめでとうございます
うどん県にいってきました
岡崎に行ってきました
福井に行ってきました
岡山大学に行ってきました
浜松に行ってきました
体調管理にご注意を!!
秩父に行ってきました
最近知った衝撃の論文のお話
三重に行ってきました
花粉症の話 パート2
インフルエンザのお話
戌年のお話
発表してきました。
車のお話
信州に行ってきました。
うさぎさんのお話
らいむらクリニックと茶道
花戦さ
行ってきました!!
私の趣味のお話パート2
突然壊れるととても困る物のお話
青森に行ってきました!!
桜咲く!!
酉年の話
風邪を治せば一人前!!
寒いのに暑い?
秋深き隣は何をする人ぞ
片頭痛患者さんの予知能力のお話
秘密の熱中症・夏ばて対策のお話
七夕のお話
らいむらクリニックの忘れ物のお話
柏餅のお話
千葉にきて驚いたこと
花粉症の話
オニの話
お正月から悪口の話
豚が走る病気の話
鍋料理のお話
ハロウィンとカボチャのお話
菊の節句のお話
お盆のお話
梅干しの話
らいむらクリニックの神様の話
端午の節句はもともとは女の子の節句?
私の趣味のお話
桃のお話
冬来たりなば春遠からじ
宮中行事で邪鬼祓い!!
らいむらクリニック、開院
クリニックの内装について
らいむらクリニックのロゴマークについて