ハロウィンとカボチャのお話|千葉市若葉区千城台の内科・外科・脳神経外科・漢方内科(保険診療)のらいむらクリニック

内科・外科・脳神経外科・漢方内科(保険診療)らいむらクリニック

043-312-5620 受付)8:00~12:00 15:00~19:00

〒264-0004 千葉市若葉区千城台西2丁目1−3
千葉都市モノレール千城台駅改札よりすぐ

  • 診療時間
  • アクセス
  • 問診票ダウンロード
  • 求人情報

第13回(2015/10/05)

ハロウィンとカボチャのお話

ハロウィンの飾り付け

ハロウィンは毎年10月31日に行われるお祭りで、
もともとは古代ケルト人達の秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事が起源です。
現代では民間行事として定着し、カボチャをくりぬいてランタンにして飾ったり、魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れて御菓子をもらったりする行事として日本でも楽しまれています。

このハロウィンのシンボルとも言えるカボチャですが、日本でも冬至の日にカボチャの煮物をたべる風習があります。これは冬至の「と」にちなんで「と」の付く食べ物を食べると病気にならずに長生きすると言われているところからきています。

ここでカボチャは「と」が付かないじゃないか?と疑問に思われる方もいると思います。
これはカボチャのことを別名「とうなす(唐茄子)」というからなんですね。
ハロウインのカボチャのランタンはジャック・オー・ランタンといって善霊を引き寄せ、悪霊を遠ざける効果があると言われています。一方日本の漢方ではカボチャの種を南瓜仁(ナンカニン)といって脂肪、タンパク質、ビタミンB1・Cなどを含むため、この種を粉末として条虫駆除薬として用いたり、ゴマ油で練り、おできなどの外用薬としても使用しました。西洋、日本問わずカボチャの効果に気付いて昔から利用していたのですね。

らいむらクリニックでも少しでも患者さん達がリラックスして、元気になってくれればという願いも込めて、この季節はハロウィンの飾りを少ししてみました。漢方に合う和風のインテリアと西洋のハロウィンの飾りの共存です。これが和洋折衷でまさに当クリニックのコンセプトである西洋医学と東洋医学の良いとこどりの治療にぴったりだと思っています。

秘密の宝箱

予防接種や診察をがんばった子供さんには秘密の宝箱が開いてなにか良いことがあるかもしれませんよ。
時には大人の人にもよいことがあるかもしれませんね。宝箱の中身が何かはお楽しみです。

過去の院長コラム
馬力をつけてきました
あけましておめでとうございます
うどん県にいってきました
岡崎に行ってきました
福井に行ってきました
岡山大学に行ってきました
浜松に行ってきました
体調管理にご注意を!!
秩父に行ってきました
最近知った衝撃の論文のお話
三重に行ってきました
花粉症の話 パート2
インフルエンザのお話
戌年のお話
発表してきました。
車のお話
信州に行ってきました。
うさぎさんのお話
らいむらクリニックと茶道
花戦さ
行ってきました!!
私の趣味のお話パート2
突然壊れるととても困る物のお話
青森に行ってきました!!
桜咲く!!
酉年の話
風邪を治せば一人前!!
寒いのに暑い?
秋深き隣は何をする人ぞ
片頭痛患者さんの予知能力のお話
秘密の熱中症・夏ばて対策のお話
七夕のお話
らいむらクリニックの忘れ物のお話
柏餅のお話
千葉にきて驚いたこと
花粉症の話
オニの話
お正月から悪口の話
豚が走る病気の話
鍋料理のお話
ハロウィンとカボチャのお話
菊の節句のお話
お盆のお話
梅干しの話
らいむらクリニックの神様の話
端午の節句はもともとは女の子の節句?
私の趣味のお話
桃のお話
冬来たりなば春遠からじ
宮中行事で邪鬼祓い!!
らいむらクリニック、開院
クリニックの内装について
らいむらクリニックのロゴマークについて