梅干しの話|千葉市若葉区千城台の内科・外科・脳神経外科・漢方内科(保険診療)のらいむらクリニック

内科・外科・脳神経外科・漢方内科(保険診療)らいむらクリニック

043-312-5620 受付)8:00~12:00 15:00~19:00

〒264-0004 千葉市若葉区千城台西2丁目1−3
千葉都市モノレール千城台駅改札よりすぐ

  • 診療時間
  • アクセス
  • 問診票ダウンロード
  • 求人情報

第10回(2015/07/04)

梅干しの話

各地で雨が降り、恵みの雨なら良いのですが、地域によってはあまりの大雨に大変な所もあるようです。
頭痛の患者さんにとっては、この梅雨時期は頭の痛い季節となります。
この梅雨にちなんで今月は私の生まれ故郷和歌山の名産でもある梅干しのお話をしたいと思います。

梅干しの話

梅に雨と書いて梅雨ですが、この時期が青梅が出回る旬の季節なのです。
梅の原産地は中国ですが、奈良時代には日本に伝わり、奈良時代は花見と言えば現在の桜とは違い梅の花でした。漢方薬にも梅の実を熏製にした烏梅(うばい)があり、江戸時代の図説百科事典であった「和漢三才図会」に烏梅は脾・肺二経の血分の薬で、インフルエンザのような流行疫病を治し咳・熱をとめる薬効があると記載されています。

烏梅は下痢止めや駆虫薬としても使用されています。平安時代の日本最古の医学書である「医心方」にも、当時の病に臥していた村上天皇が梅干しを食べて元気になったという記載があるほどです。
江戸時代には一般の家庭にも梅干しが普及し、明治時代のコレラや赤痢が流行したときにも、その予防と治療に梅干しが用いられました。梅の塩漬けのときに出る「梅酢」は調味料に使える以外にも殺菌作用がありうがい液等にも使用されます。

梅干しには色々な種類がありますが、なんといっても有名なのは南高梅でしょう。
南高梅は和歌山県のみなべ町で誕生しました。江戸時代より紀伊田辺藩の奨励で盛んになった梅栽培ですが、戦後の復興期に栽培品種を統一しようとのことで、町内にあった100種類以上の梅のなかから選ばれたもっとも優良な品種が南高梅(なんこううめ)です。この品種の選抜作業に貢献した地元の南部高校の愛称にちなんでつけられたのが南高梅なのです。有名な南高梅は高校の名前だったのですね。

私が田辺にある国立南和歌山医療センターで仕事をしていたとき、その当時は高速道路が御坊(みなべ町の手前)までしか開通していなかったため、高速道路をおりてからは下道をずっと走ったものです。
その途中に春の季節には「一目百万、香り十里」といわれる、きれいな梅畑の中を通ったものです。
このじめじめとしてうっとうし梅雨の季節ですが、やまない雨はありません。必ず梅雨は晴れ、心地よい季節がやってきます。それまでの間、梅干しを活用し、ぜひ皆様も体調を維持してください。

過去の院長コラム
未来の脳神経外科医のお話
大雨のお話
台風で思った事
久留米と広島に行ってきました
日本東洋医学会学術総会に行ってきました
浜松に行ってきました。パート2
姫路に行ってきました
旭川に行ってから東京で勉強してきました
出陣してきました
ついに分かりました
馬力をつけてきました
あけましておめでとうございます
うどん県にいってきました
岡崎に行ってきました
福井に行ってきました
岡山大学に行ってきました
浜松に行ってきました
体調管理にご注意を!!
秩父に行ってきました
最近知った衝撃の論文のお話
三重に行ってきました
花粉症の話 パート2
インフルエンザのお話
戌年のお話
発表してきました。
車のお話
信州に行ってきました。
うさぎさんのお話
らいむらクリニックと茶道
花戦さ
行ってきました!!
私の趣味のお話パート2
突然壊れるととても困る物のお話
青森に行ってきました!!
桜咲く!!
酉年の話
風邪を治せば一人前!!
寒いのに暑い?
秋深き隣は何をする人ぞ
片頭痛患者さんの予知能力のお話
秘密の熱中症・夏ばて対策のお話
七夕のお話
らいむらクリニックの忘れ物のお話
柏餅のお話
千葉にきて驚いたこと
花粉症の話
オニの話
お正月から悪口の話
豚が走る病気の話
鍋料理のお話
ハロウィンとカボチャのお話
菊の節句のお話
お盆のお話
梅干しの話
らいむらクリニックの神様の話
端午の節句はもともとは女の子の節句?
私の趣味のお話
桃のお話
冬来たりなば春遠からじ
宮中行事で邪鬼祓い!!
らいむらクリニック、開院
クリニックの内装について
らいむらクリニックのロゴマークについて