桃のお話|千葉市若葉区千城台の内科・外科・脳神経外科・漢方内科(保険診療)のらいむらクリニック

内科・外科・脳神経外科・漢方内科(保険診療)らいむらクリニック

043-312-5620 受付)8:00~12:00 15:00~19:00

〒264-0004 千葉市若葉区千城台西2丁目1−3
千葉都市モノレール千城台駅改札よりすぐ

  • 診療時間
  • アクセス
  • 問診票ダウンロード
  • 求人情報

第6回(2015/03/05)

桃のお話

雛人形

三月三日は女の子の節句である桃の節句(雛祭り)ですね。
元々は上巳(じょうし)の節句と言われていました。

古来中国では三月上旬の巳の日(すなわち上巳)の日に、川で身を清め、不浄を祓った後に宴を催す習慣がありました。
これが平安時代に日本に伝わり、宮中の「人形遊び」と結びつき流し雛へと発展したと言われています。

この雛祭りの時に飾られる桃ですが、バラ科の落葉樹です。
桃の葉を入れた桃葉湯はあせもや皮膚の炎症に効くとされており、桃の果実は邪鬼を祓い不老長寿をもたらすとされています。そのため、中国では祝い事の際には桃の実をかたどった桃饅頭をたべます。
これは日本の中華料理店でも食べることができますね。
もしかしたら、桃太郎も鬼を退治する、邪鬼を祓うということから桃と関係があるのかもしれませんね。

桃の種の中の仁は桃仁といって漢方薬では血行をよくする生薬として桃核承気湯などの女性によく使われる方剤の中にも入っています。まさに女の人の味方の生薬なのですね。
また桃の節句に供えられる菱餅は菱形の餅ですが、赤、白、緑の三色の餅を重ねたものですが、赤は魔除けの色で解毒作用のあるクチナシの実で色をつけています。白は血圧を下げるひしの実が入り、子孫繁栄、長寿、純潔を、緑は強い香りで厄除け効果があるよもぎを用い健やかな成長を願います。
また全体の菱形は子孫の繁栄を表す形でもあります。

最後に一人、古来の伝説の女の神様(仙人)を紹介しますね。その神様(仙人)の名前は西王母です。
昔、仙人が住むといわれた場所が二つありました。東の蓬莱山、西の崑崙山です。その崑崙山に住む女主人が王母娘娘(ワンムーニャンニャン)なのです。西の王母なので西王母です。

この崑崙山には三千年に一度しか実がならないといわれる桃があり、この桃が不老長寿の秘薬といわれているのです。西遊記の中にも孫悟空がこの桃を盗む話がでてくるくらい有名な桃です。
このことから西王母は不老長寿の神様としてあがめられ、またこの西王母のお誕生日が三月三日なのです。茶花でもよく使われる椿の一種にも西王母がありますが、ここからとられています。日本の行事や昔話、草花の名前にまで桃が関係しているのですね。

らいむらクリニックでも雛飾りをしました。また桃の仁の入った漢方薬の力をかりて、女性だけでなく、男性も含め、元気になっていただくよう努めて参ります。

過去の院長コラム
大雨のお話
台風で思った事
久留米と広島に行ってきました
日本東洋医学会学術総会に行ってきました
浜松に行ってきました。パート2
姫路に行ってきました
旭川に行ってから東京で勉強してきました
出陣してきました
ついに分かりました
馬力をつけてきました
あけましておめでとうございます
うどん県にいってきました
岡崎に行ってきました
福井に行ってきました
岡山大学に行ってきました
浜松に行ってきました
体調管理にご注意を!!
秩父に行ってきました
最近知った衝撃の論文のお話
三重に行ってきました
花粉症の話 パート2
インフルエンザのお話
戌年のお話
発表してきました。
車のお話
信州に行ってきました。
うさぎさんのお話
らいむらクリニックと茶道
花戦さ
行ってきました!!
私の趣味のお話パート2
突然壊れるととても困る物のお話
青森に行ってきました!!
桜咲く!!
酉年の話
風邪を治せば一人前!!
寒いのに暑い?
秋深き隣は何をする人ぞ
片頭痛患者さんの予知能力のお話
秘密の熱中症・夏ばて対策のお話
七夕のお話
らいむらクリニックの忘れ物のお話
柏餅のお話
千葉にきて驚いたこと
花粉症の話
オニの話
お正月から悪口の話
豚が走る病気の話
鍋料理のお話
ハロウィンとカボチャのお話
菊の節句のお話
お盆のお話
梅干しの話
らいむらクリニックの神様の話
端午の節句はもともとは女の子の節句?
私の趣味のお話
桃のお話
冬来たりなば春遠からじ
宮中行事で邪鬼祓い!!
らいむらクリニック、開院
クリニックの内装について
らいむらクリニックのロゴマークについて