らいむらクリニックの社会貢献活動10のミッション|千葉市若葉区千城台の内科・外科・脳神経外科・漢方内科(保険診療)のらいむらクリニック

内科・外科・脳神経外科・漢方内科(保険診療)らいむらクリニック

043-312-5620 受付)8:00~12:00 15:00~19:00

〒264-0004 千葉市若葉区千城台西2丁目1−3
千葉都市モノレール千城台駅改札よりすぐ

  • 診療時間
  • アクセス
  • 問診票ダウンロード
  • 求人情報

第78回(2021/03/06)

らいむらクリニックの社会貢献活動10のミッション

SDGs(持続可能な開発目標)とは

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは2015年9月の国連サミットで採択された「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。SDGs は、17の目標とそれらを達成するための具体的な169の ターゲットで構成されており、国連加盟193カ国が2016 年〜2030年の15年間での達成を目指しています。

さらに重要なのは「世界中の誰一人として取り残さない」というメッセージを発信している事です。 2018年に発表されたSDGs達成ランキングにおいて、日本は156カ国中15位で、トップ 5はスウェーデン、デン マーク、フィンランド、ドイツ、フランスです。日本は、17目標のうち達成されていると評価されたのは、目標4の「質の高い教育をみんなに」のたった一つの項目のみでした。その他の目標は残念ながら未達成となっています。

SDGs

らいむらクリニックの
頭痛・漢方専門クリニックとしてのSDGsへの10の取り組み

当院では、

1.緊張型頭痛、片頭痛などの頭痛に悩む患者さんへの最先端の西洋医学と伝統的な東洋医学を併用した統合医療を提供します。

東洋医学では病名による治療選択ではなく、その患者さんの症状や病態に応じた個別の医療(ポピュレーション医療から個別化医療)を提供する事ができ、また病気の一歩手前、未病の治療(対応主義的医療から先制医療)をする事もできます。
西洋医学のメリット、東洋医学のメリットの良いとこ取りをする医療で病院中心の医療から患者さん中心の医療へ、体調の悪い時だけに受診する機会主義的医療から未病の段階から一生涯元気で笑顔でくらせるお手伝いをさせていただく皆様のパートナーとしての医療(生涯にわたる医療)を提供させて頂きます。

2.スタッフが成長し自己実現し、さらには社会貢献できる職場を創造します 。

医療の知識や技術だけでなく、働き甲斐があり、人として成長できる職場を目指します。
当院では火曜・日曜の完全週休二日制に加え第2土曜日、祝日、年末年始、各種学会参加日などもお休みになるため年間120日以上のお休みがあります。その時間を休息も含め自己成長につながる事に費やして欲しいと考えています。
また各種学会への参加(必要な費用の補助あり)や院内勉強会の実施を行い共に成長を目指します。またオンライン予約システムや自動精算機、電子カルテ、問診票の事前ダウンロード、保険証の顔認証システム導入などによるデジタル化促進により作業効率を向上 させ、機械にできる事は機械に任せ、人間がすべき事に注力できるようスタッフ、患者様両者の負担軽減を目指します。

3.IT(Information Technology)やICT(Information and Communication Technology)技術の活用を通したSociety 5.0 の目指すスマートクリニックへの取り組みを行い、日本が抱える「少子高齢化問題」や「労働人口減少問題」「地方創生」「女性の社会での活躍」の実現を目指します。

Society 5.0 とはサイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する人間中心の社会(Society)と内閣府の第5期科学技術基本計画にて定義されています。わかりやすく言い換えるとAI(Artificial intelligence:人工知能)やロボットの力を借りて、我々人間がより快適に活力に満ちた生活を送ることができる社会を目指します。以下に参考動画を挙げます。https://www.youtube.com/watch?v=EsJMHevsyBc

4.日本全国どこででも西洋医学と東洋医学を統合した医療を受けられるよう当院では東洋医学の知識や技術をもつ医師や医療スタッフの育成に関与していきます。

具体的には医療者への大学での東洋医学の講義、医療関係者への漢方の各種セミナー、東洋医学専門医取得を目指す医師の当院での研修あるいは研修先の紹介などを行います。またこれらを実現するコミュニティーである春桜会竹林庵の活動を支援しています。詳しくは下記事務局までよろしくお願い申し上げます。

DLSパートナー株式会社 城村 遊
アドレス:manta19827007@gmail.com
会社連絡先 043-308-8100
会社HP http://www.dls₋p.co.jp
参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=xQnnAih8KIo

5.東洋医学を含めた健康に関する知識を市民の皆様に分かりやすくお届けします。

具体的には行政と協力した市民健康講座での講演、当院のホームページ上での院長コラム、You tube らいむらクリニックchらいむらクリニック公式 LINEらいむらクリニック公式 Instagramstand.fm らいむら院長のハッピーアワーでの情報発信を行います。

6.ジェンダーの平等の実現を目指します。

頭痛患者さんは月経によるホルモンの影響などもあり女性が多く、頭痛発作時に学校や職場への遅刻・早退、欠席・欠勤などのため学業や就業に支障がでる場合もあります。当院は頭痛治療により患者さんの頭痛を改善することで、学業や就業への支障がでないようにする事への貢献を目指します。当院のスタッフも男女の区別なく生涯学習などを通し成長し、自己実現を果たせる職場を目指します。

7.医療費削減と地球環境の改善への貢献を目指します。

漢方治療を行うことで、薬剤費の軽減や必要以上の過剰な検査、処置、投薬を軽減できる可能性があり、当院では西洋医学のガイドライン(標準的な検査、治療)はもちろんの事、東洋医学の専門的知識・治療を併用することで医療費の削減を目指します。また漢方薬は生薬からできており、生薬需要が高まる事で国産生薬の栽培が奨励され休耕放棄地などを生薬畑に変えることで地球環境の改善も目指します。

8.新たな雇用の創造と経済成長への貢献を目指します。

漢方薬は生薬からできています。漢方薬の需要が高まれば国内産の生薬の需要も高まります。そうすることで休耕放棄地やたばこ栽培を生薬栽培に振り替える事ができ新たな雇用を生むことができます。またこのすばらしい漢方薬を併用した医療が世界に認められれば、日本産生薬を輸出する事も出来、我が国の経済成長、世界からの信頼も得られると考えます。

9.住み続けられる街づくりへの貢献を目指します。

人口あたりの医師数全国ワースト3の千葉県で当院のある若葉区は千葉市の中でもTOPの高齢化率です。またその方達の医療を支える医師達も高齢化が進行し継承されずに閉院される医院もあり、また新規の開業も少ない地域となっています。事実医師会の中でも私が一番若い年齢層となっています。当院は千葉都市モノレール千城台駅の駅前でバス停もあり、駐車場完備の立地の良さ、ヤックスドラッグ、調剤薬局、デイサービス、サービス付き高齢者住宅を運営するあんしんファミリア、栄養士が常駐するヤックスカフェが敷地内にあり、これら複数のサービスを提供する業者様と連携し地域住民の医療を支える事への貢献を目指します。

10.パートナーシップで当院の「西洋医学と東洋医学を融合し、みんなを美しく、元気で笑顔にし、そして世界を変える!」というミッションの実現を目指します。

医療の枠を超えた他業種様との積極的なジョイントベンチャ ーでより大きな目標の達成を目指します。具体的には〈医療〉〈福祉〉〈教育機関〉〈行政〉〈製薬メーカー〉〈農家〉〈メディア〉〈ITソリューショ ン〉〈美容〉〈スポーツジム〉〈接骨院〉〈整体〉〈鍼灸院〉〈サプリメント〉〈医療経営大学〉〈飲食業界〉〈日本の伝統産業〉〈出版社〉などとのジョイントを計画中です。その他の業種の方からも win-win のジョイントは大歓迎ですので、ご連絡をお待ちしております。

過去の院長コラム
出来ない事は考えない、出来る事をいつも考えている!!
日本のメダリスト!!
聖火リレーのお話
暗黒の時代から希望の時代へ
マルナゲドン
エイプリルフールとエイプリルドリームのお話
らいむらクリニックの社会貢献活動10のミッション
戦国時代にスマホがあったら?
2021年、新年あけましておめでとうございます
今年1年を振り返って
天気痛のお話
コロナ禍での健康維持のお話
これからのクリニックについて
コロナウイルス対策について(その2)
当院のミッションとビジョン、バリューのお話
熱中症のお話
笑いの効用
新型コロナウイルスについて
お正月からどきどきした話
年末のご報告と新年のご挨拶
未来の脳神経外科医のお話
大雨のお話
台風で思った事
久留米と広島に行ってきました
日本東洋医学会学術総会に行ってきました
浜松に行ってきました。パート2
姫路に行ってきました
旭川に行ってから東京で勉強してきました
出陣してきました
ついに分かりました
馬力をつけてきました
あけましておめでとうございます
うどん県にいってきました
岡崎に行ってきました
福井に行ってきました
岡山大学に行ってきました
浜松に行ってきました
体調管理にご注意を!!
秩父に行ってきました
最近知った衝撃の論文のお話
三重に行ってきました
花粉症の話 パート2
インフルエンザのお話
戌年のお話
発表してきました。
車のお話
信州に行ってきました。
うさぎさんのお話
らいむらクリニックと茶道
花戦さ
行ってきました!!
私の趣味のお話パート2
突然壊れるととても困る物のお話
青森に行ってきました!!
桜咲く!!
酉年の話
風邪を治せば一人前!!
寒いのに暑い?
秋深き隣は何をする人ぞ
片頭痛患者さんの予知能力のお話
秘密の熱中症・夏ばて対策のお話
七夕のお話
らいむらクリニックの忘れ物のお話
柏餅のお話
千葉にきて驚いたこと
花粉症の話
オニの話
お正月から悪口の話
豚が走る病気の話
鍋料理のお話
ハロウィンとカボチャのお話
菊の節句のお話
お盆のお話
梅干しの話
らいむらクリニックの神様の話
端午の節句はもともとは女の子の節句?
私の趣味のお話
桃のお話
冬来たりなば春遠からじ
宮中行事で邪鬼祓い!!
らいむらクリニック、開院
クリニックの内装について
らいむらクリニックのロゴマークについて