うどん県にいってきました|千葉市若葉区千城台の内科・外科・脳神経外科・漢方内科(保険診療)のらいむらクリニック

内科・外科・脳神経外科・漢方内科(保険診療)らいむらクリニック

043-312-5620 受付)8:00~12:00 15:00~19:00

〒264-0004 千葉市若葉区千城台西2丁目1−3
千葉都市モノレール千城台駅改札よりすぐ

  • 診療時間
  • アクセス
  • 問診票ダウンロード
  • 求人情報

第51回(2018/12/06)

うどん県にいってきました

11月の日曜日にうどん県に行ってきました。
その前に銚子の千葉科学大学に薬学部の講義に行ってきました。銚子までモノレールで都賀まで行って、そこから特急がなかったので各駅停車に載って2時間ちょっとかかりますが、香川までは羽田まで50分、羽田から高松空港まで飛行機で80分、すなわち銚子まで行く時間で高松まで行けます。

今回は高松で頭痛や痛み、不安やストレスに対する漢方治療のお話をしてきたのですが、高松のある香川県と言えば、讃岐うどんが有名ですよね。香川県観光協会の公式のホームページにも本当にうどん県に改名しましたと載っています。そしてうどん県の副知事は俳優の要潤さんなのです。

高松では高松城趾の目の前のホテルに宿泊しました。
高松城は瀬戸内海のすぐそばにあり、堀にも海水が引き込まれ、城内に直接軍船が出入りできるようになっている、日本初の本格的な海城です。秀吉の水攻めで有名な備中の高松城とは別の城です。現在は天守閣はなく高松市立玉藻(たまも)公園となっています。
いつも朝食にパンかご飯を食べる私ですが、もちろん讃岐うどんを頂いて来ました。自分で麺をゆでて、湯切りをしてだしや薬味をいれて食べるセルフサービスのスタイルです。

そして朝食後はホテルの近くの高松港に散歩に行ってきました。
高松港からは小豆島の各港に行く多くのフェリーがでており、日曜日の早朝にもかかわらず、多くの人でにぎわっていました。

高松港

無事に講演も終わり、空港でお土産を買って帰ってきました。
お土産には白いんげん豆と黄身を使った餡を生地で包み、塩を炊くかまどの形に焼き上げた、讃岐銘菓のかまどを買ってきました。スタッフとお茶のお友達とも一緒に美味しく頂きました。

かまど

連休の日曜日にもかかわらず、ご参加頂いた先生方、また準備をしてくれたスタッフの皆様にも感謝致します。

香川県には他にも栗林公園や金刀比羅宮、小豆島、直島などもあり見所満載の県です。ぜひ、今度は小豆島や直島あたりを訪れたいと思います。

過去の院長コラム
うどん県にいってきました
岡崎に行ってきました
福井に行ってきました
岡山大学に行ってきました
浜松に行ってきました
体調管理にご注意を!!
秩父に行ってきました
最近知った衝撃の論文のお話
三重に行ってきました
花粉症の話 パート2
インフルエンザのお話
戌年のお話
発表してきました。
車のお話
信州に行ってきました。
うさぎさんのお話
らいむらクリニックと茶道
花戦さ
行ってきました!!
私の趣味のお話パート2
突然壊れるととても困る物のお話
青森に行ってきました!!
桜咲く!!
酉年の話
風邪を治せば一人前!!
寒いのに暑い?
秋深き隣は何をする人ぞ
片頭痛患者さんの予知能力のお話
秘密の熱中症・夏ばて対策のお話
七夕のお話
らいむらクリニックの忘れ物のお話
柏餅のお話
千葉にきて驚いたこと
花粉症の話
オニの話
お正月から悪口の話
豚が走る病気の話
鍋料理のお話
ハロウィンとカボチャのお話
菊の節句のお話
お盆のお話
梅干しの話
らいむらクリニックの神様の話
端午の節句はもともとは女の子の節句?
私の趣味のお話
桃のお話
冬来たりなば春遠からじ
宮中行事で邪鬼祓い!!
らいむらクリニック、開院
クリニックの内装について
らいむらクリニックのロゴマークについて