新型コロナウイルスについて|千葉市若葉区千城台の内科・外科・脳神経外科・漢方内科(保険診療)のらいむらクリニック

内科・外科・脳神経外科・漢方内科(保険診療)らいむらクリニック

043-312-5620 受付)8:00~12:00 15:00~19:00

〒264-0004 千葉市若葉区千城台西2丁目1−3
千葉都市モノレール千城台駅改札よりすぐ

  • 診療時間
  • アクセス
  • 問診票ダウンロード
  • 求人情報

第66回(2020/03/06)

新型コロナウイルスについて(彼を知り己を知れば百戦あやうからず)

第1次世界大戦の終わりの年である1918年(大正7年)から1919年にかけてA型インフルエンザの一種であるスペイン風邪が世界的に大流行しました。

マスクをする日本の女性(出典:ja.wikipedia.org)

マスクをする日本の女性(出典:ja.wikipedia.org)

一説によると世界での感染者数は5億人以上(当時の世界人口は18~20億人なので、世界人類の3割近くが感染したことになります)、死者は5,000万人から1億人に及ぶと言われています。当時の日本でも人口5,500万人に対し39万人が死亡したと言われています。現在ではこのインフルエンザは鳥インフルエンザに由来するものでH1N1亜型であった可能性が高いとされています。

それよりももっと前、二千年前の中国でも同じような致死性の高い伝染病(一族200人の内、過半数が亡くなったという記述もあります)が流行りました。その当時(後漢)張仲景という先生がこの病をなんとかしようと思い書いた本が傷寒論です。

この傷寒論には現在でも風邪やインフルエンザに使用されている葛根湯や麻黄湯などの漢方薬が載っています。つまり二千年前に創薬されたお薬が今でも使用されているという超ロングセラーのお薬という事になります。西洋薬にこのような2千年間も使用されているロングセラーのお薬があるでしょうか?おそらく無いと思います。細菌やウイルスをたたく抗生物質や抗ウイルス薬には耐性菌や耐性ウイルスの出現により、そのお薬が効かなくなるという問題があります。

一方漢方薬はどうでしょうか?漢方薬は私達自身に作用して免疫力を上げることによって病からの治癒を促進するように働きます。二千年前の私達の先祖と私達では生活環境こそ違え、生物の人間としてはほとんど変わっていないため、二千年たった今でも漢方薬は効果を発揮するのだと思います。現に、中国でも抗HIVウイルス薬だけでなく漢方薬も新型コロナウイルスに対して使用されており、一部の漢方薬の購入に長蛇の列ができ、売り切れになっているとのニュースも流れています。

アメリカの野戦病院(出典:ja.wikipedia.org)

アメリカの野戦病院(出典:ja.wikipedia.org)

2千年前も、第1次世界大戦後も人類はこのような感染症と戦い、危機を乗り越えてきたわけです。だから今回の新型コロナウイルスに対しても、正しい知識と、適切な対処できっと終息に向かうと信じております。
孫子の謀攻編に「彼を知り己を知れば百戦あやうからず」という格言があります。スペイン風邪の時では最初に医師・看護師の感染者が増え医療体制が崩壊してしまったため、感染被害が拡大したと言われています。

残念ながら当院ではコロナウイルスの検査や十分な隔離、感染予防対策ができない状況です。 以下は厚生労働省から出ている勧告を分かり安くまとめたものです。37.5度以上の発熱など風邪の症状がでたら学校や会社を休み外出を控えてください。そして毎日体温を測り記録してください。それでその症状が4日以上続く場合、高齢者、糖尿病、心不全などの持病がある人は2日以上続く場合、それ以外でも強いだるさや息苦しさがある場合にはすぐにでも千葉市帰国者・接触者センター ℡043(238)9966 か厚生労働省の相談窓口 ℡0120-565653 に相談し指示を仰いで下さい。

コロナウイルス相談窓口

不要不急の外出を控える、うがい、手洗い、マスクの励行など皆様のご協力で一致団結してこの危機を乗り切りましょう。

過去の院長コラム
新型コロナウイルスについて
お正月からどきどきした話
年末のご報告と新年のご挨拶
未来の脳神経外科医のお話
大雨のお話
台風で思った事
久留米と広島に行ってきました
日本東洋医学会学術総会に行ってきました
浜松に行ってきました。パート2
姫路に行ってきました
旭川に行ってから東京で勉強してきました
出陣してきました
ついに分かりました
馬力をつけてきました
あけましておめでとうございます
うどん県にいってきました
岡崎に行ってきました
福井に行ってきました
岡山大学に行ってきました
浜松に行ってきました
体調管理にご注意を!!
秩父に行ってきました
最近知った衝撃の論文のお話
三重に行ってきました
花粉症の話 パート2
インフルエンザのお話
戌年のお話
発表してきました。
車のお話
信州に行ってきました。
うさぎさんのお話
らいむらクリニックと茶道
花戦さ
行ってきました!!
私の趣味のお話パート2
突然壊れるととても困る物のお話
青森に行ってきました!!
桜咲く!!
酉年の話
風邪を治せば一人前!!
寒いのに暑い?
秋深き隣は何をする人ぞ
片頭痛患者さんの予知能力のお話
秘密の熱中症・夏ばて対策のお話
七夕のお話
らいむらクリニックの忘れ物のお話
柏餅のお話
千葉にきて驚いたこと
花粉症の話
オニの話
お正月から悪口の話
豚が走る病気の話
鍋料理のお話
ハロウィンとカボチャのお話
菊の節句のお話
お盆のお話
梅干しの話
らいむらクリニックの神様の話
端午の節句はもともとは女の子の節句?
私の趣味のお話
桃のお話
冬来たりなば春遠からじ
宮中行事で邪鬼祓い!!
らいむらクリニック、開院
クリニックの内装について
らいむらクリニックのロゴマークについて