笑いの効用|千葉市若葉区千城台の内科・外科・脳神経外科・漢方内科(保険診療)のらいむらクリニック

内科・外科・脳神経外科・漢方内科(保険診療)らいむらクリニック

043-312-5620 受付)8:00~12:00 15:00~19:00

〒264-0004 千葉市若葉区千城台西2丁目1−3
千葉都市モノレール千城台駅改札よりすぐ

  • 診療時間
  • アクセス
  • 問診票ダウンロード
  • 求人情報

第67回(2020/04/06)

笑いの効用

4月になり、桜も咲いて、これからウキウキとした楽しい季節になるはずが、コロナウイルスの影響で、少し晴れ晴れとしない日が続いていますね。そんな時こそ、笑いや笑顔が大切です。今月の院長コラムでは笑いの効用について書いてみたいと思いますね。

いくつか笑いの効用はあるのですが、まずはコロナウイルスに負けないように、笑うと免疫力があがります。私達の体の中には、外から侵入してきたウイルスをやっつけるNK(ナチュラルキラー)細胞という細胞がいます。この細胞の活性が笑うと上がることが分かっています。つまり笑うと免疫力があがり、ウイルスに罹りにくくなったり、治りやすくなるわけです。

笑いと脳卒中

つぎに笑うと脳卒中や心臓病のリスクがさがります。ほぼ毎日笑う事がある人と、ほとんど笑う事がない人とでは、笑わない人のほうが、1.6倍脳卒中になる確率が高くなるというデータもあります。これは笑うことで交感神経の緊張がとれ、血管が拡張し、血流がよくなるためだとされています。

笑いと認知機能

また認知症にもなりにくいとされています。ほとんど笑わない人ではほぼ毎日笑う人と比べて、認知機能低下のリスクが2.15倍というデータもあります。

笑う事は運動にもなります。声に出して笑うことで、腹筋を使ったり、呼吸が活発になり、酸素の消費が増えることは有酸素運動をしていることと同じ作用があります。15分笑うと約20〜40kcalを消費し、ウォーキング約10分に相当するといわれています。笑うと腹筋もしまってダイエットにもなるかもしれませんね。

そんなに笑う事がないという方も大丈夫です。好きな音楽を聴きながら声をだして歌う事も笑うことに匹敵するといわれていますので、ぜひ、車の中や部屋で音楽を聴きながら、大声で歌を歌ってみるのもよいかもしれませんね。ただし、お部屋で歌うときは一軒家の方に限ります。近所迷惑にならないように注意してくださいね。

その他にも私は落語のCDを聞いたり、面白いYou tubeをみたりして笑っています。あとはコロナウイルスの影響で大学の授業が5月までないために、息子が家にいるため、息子と話しをしていつも大笑いをしています(話の内容は秘密です)。またチワワの華ちゃんもいつも私を笑顔にしてくれます。患者さんとの会話でも大笑いすることがありますよ。私の座右の銘は「一診一笑」ですからね。

皆様も笑うことで、免疫力をあげて元気になってくださいね。クリニックも皆様が笑顔になれるお手伝いができるよう、スタッフ一同がんばりますのでよろしくお願い申し上げます。ちなみに最近電話にでる男のスタッフやたまにクリニックにいる男のスタッフは私の息子です。クリニックでアルバイト中ですので、皆様ご協力よろしくお願い申し上げます。

過去の院長コラム
これからのクリニックについて
コロナウイルス対策について(その2)
当院のミッションとビジョン、バリューのお話
熱中症のお話
笑いの効用
新型コロナウイルスについて
お正月からどきどきした話
年末のご報告と新年のご挨拶
未来の脳神経外科医のお話
大雨のお話
台風で思った事
久留米と広島に行ってきました
日本東洋医学会学術総会に行ってきました
浜松に行ってきました。パート2
姫路に行ってきました
旭川に行ってから東京で勉強してきました
出陣してきました
ついに分かりました
馬力をつけてきました
あけましておめでとうございます
うどん県にいってきました
岡崎に行ってきました
福井に行ってきました
岡山大学に行ってきました
浜松に行ってきました
体調管理にご注意を!!
秩父に行ってきました
最近知った衝撃の論文のお話
三重に行ってきました
花粉症の話 パート2
インフルエンザのお話
戌年のお話
発表してきました。
車のお話
信州に行ってきました。
うさぎさんのお話
らいむらクリニックと茶道
花戦さ
行ってきました!!
私の趣味のお話パート2
突然壊れるととても困る物のお話
青森に行ってきました!!
桜咲く!!
酉年の話
風邪を治せば一人前!!
寒いのに暑い?
秋深き隣は何をする人ぞ
片頭痛患者さんの予知能力のお話
秘密の熱中症・夏ばて対策のお話
七夕のお話
らいむらクリニックの忘れ物のお話
柏餅のお話
千葉にきて驚いたこと
花粉症の話
オニの話
お正月から悪口の話
豚が走る病気の話
鍋料理のお話
ハロウィンとカボチャのお話
菊の節句のお話
お盆のお話
梅干しの話
らいむらクリニックの神様の話
端午の節句はもともとは女の子の節句?
私の趣味のお話
桃のお話
冬来たりなば春遠からじ
宮中行事で邪鬼祓い!!
らいむらクリニック、開院
クリニックの内装について
らいむらクリニックのロゴマークについて